2007年12月11日

村内 家具


輸入住宅とは、海外の設計思想に基づいた住宅であり、その国の工法を採用し、建築資材の多くもその国から輸入して建てられた住宅のことです。


ただし、間取りやデザインなどは、ほとんどの場合、日本の事情や生活に合わせてアレンジされており、海外の住宅そのものではありません。実際、“和室”のある輸入住宅も多く存在しています。


輸入住宅は、外観・デザインに優れているものが多く、また自然環境の厳しい北米や北欧の設計思想が取り入れられているため、気密性、断熱性、遮音性、耐震性、耐久性、耐火性に優れているといわれています。


木材をふんだんに使っているというのも、輸入住宅の特徴です。なお、建築部材の輸入先は北米(カナダ・アメリカ)がもっとも多く、スウェーデンやフィンランドなどがそれに続いています。



東京・横浜あたりで、いろいろ揃っている家具屋さんを探しています。既に、村内(港...
東京・横浜あたりで、いろいろ揃っている家具屋さんを探しています。既に、村内(港北店など)、大正堂(ROOMS)、IDC(お台場、新宿、港北)、ニトリ、IKEAには行きましたが、ほしいようなローチェストとローテーブルが見つかりません。これ以外の家具屋で良いところがあれば教えてください。色味、木質をみたいので、ネットではなく家具屋さんを探しています。尚、デザイン的にはシンプルで角々しているようなもので、値段的には、ローチェスト(H70〜90、W140〜150)は、10万前後、ローテーブルは7万ぐらいのものを探しています。(続きを読む)




村内家具
家具や雑貨の色はとにかく統一になるのでないでしょうか。我が家の家具はどちらかというとアンティーク調で。 ニトリ 家具に関する情報を探している人の為に、ネットで公開されているニトリ 家具についての情報を集。。 村内 家具 東京、神奈川近辺で ...(続きを読む)



タグ:村内 家具

posted by 家具について at 23:48 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。